2017年07月09日

ホンダ 夏の大商談会2017

コンベックスで恒例ホンダカーズ岡山のイベントがあり
雨の日なので子供が遊べるコーナーを目的に行ってみました。

開始と同時にすごいお客さんの数で、みんな商談なのかどうなのか、、、

さすがにホンダが企画するイベントはいつも子供が楽しめて夢を持てるものが多く、
片っ端から楽しみました。

超巨大なクロコダイルスライダー
クロコダイル1.jpg
あまりの高さに滑れない子もいるほど・・・
クロコダイル2.jpg
そりゃ楽しいですわ。

その他にも「わなげ」や「射的」に「つり堀」など、
夏の縁日らしい催しを堪能。

またホンダ恒例(?)のランバイクのコーナーがあります。
やる気満々。
STRIDER.jpg
真剣に
STRIDER2.jpg
こけます。
STRIDER3.jpg

また自転車のシュミレーターがよくできていて、
これから自転車に乗ることになる子供がいる家庭では
とても勉強になるというか身をもって学べる安全教材で
助かります。
自転車シュミレーター.jpg


そして会場の中には様々なホンダ車のラインナップもずらりと並び、
見て触れて楽しめます。
倉敷市が購入されているようですが、燃料電池車も展示あり。
水素燃料.jpg

肝心の商談会の成果はどうなのでしょうか!?
契約の札がたくさん掛かっていたので、遊ばせてもらった手前一安心。

ホンダの宣伝のようになりましたが、、、、
いいんです。だってホンダ好きですから…
企業というか社風というか、ポリシーや気概がね。

梅雨の蒸し暑い雨模様の中。涼しく子供たちが楽しめて助かりましたの巻。

posted by 内田屋 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Car

2017年07月08日

倉敷の建物が、いよいよ上棟です

先月から基礎の準備をしてきた物件ですが、基礎仕上がりました。
基礎完成.jpg
いよいよこれから本格的な建物らしい工事へと進みます。
その最初が基礎に土台を敷くことから始まります。
基礎パッキン.jpg
土台や床下の通気を取るためにパッキンを並べ
その上に土台を置いてしっかりと固定していきます。
土台.jpg

「上棟」
さて、ついに上棟の日です。
何人もの大工さんたちが応援に来て下さり
1階の柱から立てていきます。
上棟1.jpg
桁梁を乗せて繋いでいき、1階部分が形になります。
上棟2.jpg
最近では2階床の下地をこの段階で組む工法が多いです。
上棟4.jpg
2階の床が出来ると建物もしっかりしますし
転落の危険も減り、安心して2階の柱作業へと進めます。
上棟3.jpg
同様に2階の桁梁を乗せて、最後は屋根の下地へ。
上棟5.jpg
今回は筋交いや屋根地など、あらかじめプレカットしておいたので、
55坪という大きさですが1日で筋交いと間柱まで組み上げることが出来ました。
皆様お疲れ様でした。
posted by 内田屋 at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | Architect

2017年07月03日

梅雨の合間の水遊び

やっと梅雨らしくなってきましたが、
その合間の暑さがたまりません。

それでも子供たちは元気なもので、
力が有り余っているらしく、
近場にある旭川河川敷の浅瀬で涼しく遊べるところへ。。

足を漬けるとひんやり気持ちよく、
流れの中歩くのが楽しくついはしゃぐ気持ちがよく判ります。
河原1.jpg

街中では想像できない自然が少し離れただけでこんなに広がっています。
侑希1.jpg
水面を通って吹く風と、流れる水の音。
小魚が泳ぎ、昆虫や水の中の生き物も、落ち着いて見てみるとたくさん居ることが分かります。
侑希2.jpg
水も澄んできれいな流れで、小魚にイトトンボやアメンボもたくさん。
イトトンボ.jpg

侑希3.jpg
楓大3.jpg
侑希と楓大.jpg
水の流れがあるだけで、なぜこんなに楽しいのか。
侑希と楓大3.jpg
侑希と楓大2.jpg

最後は、こんなになります。
侑希4.jpg
ずぶ濡れです。
楓大2.jpg


水の流れを感じながら
暑さを忘れるような一時を過ごしました。

今度はまた暑い日に色々と準備してゆっくり過ごそうと思います。

posted by 内田屋 at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月29日

あさチャン!

つい先日ご紹介した「星のお兄さん」の爆笑プラネタリウムショーですが、
http://uchidaya.sblo.jp/article/180084877.html
ブログに書いた翌日から皆さん興味深々の問い合わせがたくさんあったので、
続編を紹介。。。

当日夕方の地元KSBのニュースに続き、
おとといはTBSの「あさチャン!」で特集されてました。

子供たちも夢中で見上げてます。
なんでか見上げると、「くち」が空いたままになるのがお約束。
観覧中s.jpg
最もファンキーな星座で有名な・・・
イエーイs.jpg
「うしかい座」さんです、「イエーイ!」

まんまとツボにハマった我が家の子供たち。
しっかり放送されていい思い出になりました。

サービスで1時間をオーバーしてのトークもあっという間に過ぎていき、
また岡山にぜひ来てもらいたいです。

みなさん、次の機会要チェック!です。。。

posted by 内田屋 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

基礎工事もあと少し

ここのところ建築ネタを書かないと、
本業の建築工事を何もしてないように思われてるのでは!?

少しづつですがやっとります。。。

先月に無事「地鎮祭」を執り行い、現在基礎工事の真っ最中です。

地鎮祭は毎回うちの山で笹を切り出して運ぶのですが、
この時期は蚊が多くてツライです。
今年はタケノコが少なかったのであまりいい竹がないですが、
ちょうど良さそうなサイズを4本採取して下枝を掃います。

建物を予定する位置を地縄(といってもビニール紐ですが)
で張った中で笹を立てて、祭壇や砂を廃止して準備完了。
地鎮祭1.jpg
あとは神主さんに取計らってもらいます。
地鎮祭2.jpg

その後は杭工事となります。岡山も倉敷も地盤悪いところが多いので、
しっかり基礎の補強を行います。
杭の種類も様々ですが、予め地盤を調査して
その土地と建物に合った杭工法を選ぶことが重要。

地面に穴が並んでいるのが杭工事の跡です。
杭.jpg
その後、やっと基礎工事へ。
杭の配置の上に基礎が重なるようになります。
湿気が上がらないように防湿シートを敷いて、
鉄筋を配筋していきます。
基礎配筋.jpg
そして、給排水の準備等出来ることは今のうちに・・・
配管.jpg

さあ、これからコンクリートの打設です。

posted by 内田屋 at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Architect

2017年06月19日

爆笑!星のお兄さんプラネタリウムショーin岡山

今日は久しぶりに書こうと思います。

先日TVで特集されていた爆笑のスペシャリスト特集で
「爆笑!星のお兄さん」が紹介されていたのが気になっていた矢先・・・
岡山で見られる!というまさにリアルタイムなネタに食いつき見に行きました。

2年かけて行われてきた47都道府県ツアーも先日終わり、
初の岡山でのショーとなりました。
案内.jpg
2017/6/18 『爆笑!星のお兄さんプラネタリウムショーin岡山』
http://www.sci-pia.pref.okayama.jp/event/index.cgi?c=event_view&pk=1495066940

13:30開演の9:00チケット販売ですが、
9時前に着くと長蛇の列が。。。
並んですぐスタッフさんからのカウントがあり、直後で締め切られました。
10分前に着いて、ギリギリですがチケットを手にすることが出来て一安心。
わずか15分程度の完売となりました。

午前中の用事を済ませて戻ってくると開演前にも長蛇の列が。
開演前に子供とトイレに・・・
おーっっと、めっちゃ背の高い方の隣で用を足すと、、、
星のお兄さんこと、田端英樹さんでした。。

開演早々から子供も大人も笑いに誘うトークで
いざプラネタリウムが始まっても期待値を超えてくる関西系ネタのオンパレードに
会場はドッカンドッカン笑いの渦に飲み込まれておりました。

どことなく声も喋りも顔までも(?)、嘉門達夫さんに似てと感じたのは僕だけでしょうか。
星のお兄さんs.jpg
上演後もグッズ販売やサインに写真などサービス旺盛なおじさんお兄さんでした。

さて、子供たちはプラネタリウムが終わると外へと飛び出し、遊び場へと駆け上がっていきました。
ダッシュ.jpg
昔の県立児童会館だったころの記憶が蘇る恐竜の滑り台や、
恐竜.jpg
恐竜2.jpg
とにかく長いガラガラ滑り台など、
ガラガラ滑り台.jpg
山の斜面にある遊具が自然の地形や木々の中とても魅力的で楽しめる思い出の場所です。

数年前にリニューアルされても以前の県立児童館だった当時の面影を残し、
また子供たちの記憶に残ってくれるであろう思い出深い場所があることを嬉しく思いました。
学生の頃学校の帰りに一人でもプラネタリウムを見に行っていた記憶が
懐かしくもあり不思議な感覚で今日一日過ごすことが出来ました。


岡山生涯学習センター人と科学の未来館サイピア
http://www.sci-pia.pref.okayama.jp/index.html

星のお兄さん
http://hoshiani.com/
posted by 内田屋 at 00:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月03日

内田屋は10周年を迎えました。

早いもので、今年2017年の3月で『内田屋』をはじめて、はや10年が経ちました。
当時のDMがこちら。
open.jpg
2007年の3月2日(金)3日(土)4日(日)がオープンイベントだったのですが
気が付けばもう10年。それでも色々とありました。

今回10年という時間の流れを思い返しながら、懐かしんだり反省したり、
いろんな想いを感じながら10周年の誕生祭で感謝セールに取り組んでいます。

まずオープンまで店の工事をしながら内装や仕入れなど、
慌ただしくも楽しい時間を過ごせたこと思い出します。
オープンイベントの後入院してしまったのも今となっては笑い話ですが。。。

子供ができてから少しの間お休みさせてもらったこともありましたが、
これからも、この店のスタンスでゆっくり続けていきたいと思っています。

イベントを通じても様々な作家さんたちとも知り合い、
新しい輪ができたり、商品の幅も広がり、更に多くのお客さんとも触れ合い、
こういった場があることを本当に有難く感じます。


オープン当初はまだ至らない点も多かったと思いますし、
商品の品揃えやサービスの提供なども未熟だった部分もあると思います。
少しづつ成長していく『内田屋』をよろしくお願いいたします。

オープン当初から今日までずっと来てくださっている方。
決まって同じ曜日や同じ時間に来てくださる方。
教室やイベントなど開催してくださっている方々。
お店を手伝ってくれている方々。
様々な顔ぶれが今思い出されます。

またこれからの10年、どうぞよろしくお願いいたします。

内田屋



posted by 内田屋 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Shop

2017年02月14日

いつもの暖炉前

今年はついにインフルエンザで家族全滅してしまいました。
1週間ほど自宅軟禁状態となり、特に面白い話もないのですが、
寒さも厳しく毎日暖炉に火をいれていると欠かさずこの光景が。。。
暖炉前で1.jpg
そう、かつおが陣取る暖炉前。
毎年暖炉の下に潜り込んで寝ることがあったのですが、
今年は暖炉の周りに近寄れないようにフェンスを一新しました。
暖炉前で2.jpg
「入れないんぢゃ!」

その夜も
暖炉前で3.jpg
見事な猫背で暖炉を見つめる、残念そうなかつおの後ろ姿が。
暖炉前で5.jpg
「もっと近づきたいんぢゃっ」

翌日も
暖炉前で6.jpg
朝からこれでもかと近づきスタンバイ。

暖炉前で7.jpg
「もっと薪をガンガン焚いて!」

来る日も来る日も毎日暖炉詣でを欠かさないかつおでした。
posted by 内田屋 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | かつおとまるこ

2017年02月02日

がま口展 設営完了しました。

前回のイベントも好評でお客さんが多かったのですが、
今回は「がま口」をテーマに制作された作品たちが400点!?
また事前問い合わせも多く、明日からの二日間が賑わいそうです。

さて、あらかた設営の進んだスペースはこちら。
がま口展1.jpg
今回は時期に合わせたお雛様も登場してます。

生地は古布から北欧デザインやアンティーク柄からポップなものなど、
がま口展4.jpg
もうデザインもサイズも様々なものがずらりと並びました。
がま口展3.jpg
1点ものがほとんどだと思いますので、
気に入ったものがみつかれば、手から離さないように!!

がま口展0.jpg
たくさんのかわいい「がま口」がお待ちしております。

がま口展 2/3(金)・4(土)
10:00〜17:00(最終日16:30まで)
Zakka Shop Cyarlot
posted by 内田屋 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Shop

2017年01月19日

うつわ展終盤 窯元紹介その6

そろそろ「うつわ展」も終盤に差し掛かろうとしています。
今回は『陶房遊』さんですが、若手作家さんで遊び心を大事にされて
日常使いのうつわでも使い易さの中に楽しめる要素が表現されてます。
陶房遊1.jpg
盛り付けたときに料理も引き立ち、器も楽しめる、そんな作品たちです。

こちらは伝統柄を寄せ集めた作品です。
たくさんの砥部焼きを一度に楽しめるような気分になりますね。
陶房遊.jpg
賑やかでもあり、繊細でもあり、上品さの中に豪華さもあります。
姿形もしっかりと主張があって、花の様な形が一段と特別感を感じます。
陶房遊4.jpg

少しポップな柄もかわいらしさや和やかなイメージで食卓が楽しくなるものばかり。
陶房遊2.jpg

どれもこれも食器棚に仲間入りさせたい器たちばかりです。
posted by 内田屋 at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Shop