2016年05月25日

ガーデンゲート

以前からうちの店で庭の入り口に設置していたゲートを見て下さっていたお客様からのご依頼で、
同じような引戸タイプのガーデンゲートの施工を行いました。(岡山市南区)

我が家と同じ様な家庭環境で、子供さんがまだ小さい為に庭で遊ばせていても駐車場から
道路側に出てしまうことが心配で開閉式のゲートを作ることになりました。

要望は開閉式で臨時の駐車場としても車の出し入れ可能、
開閉も簡単かつ、ナチュラルな木製で雰囲気に馴染むもの。

そこで支柱となる枕木を建てて、木材の引戸を取り付けさせてもらいました。

施工前の状況はアルミの目隠しを兼ねたフェンス支柱があり、
それを利用しながら引戸の収まる寸法やスペースを検討します。
工事前.jpg

引戸は少しでも軽くするために荷重を吊戸車で滑らすようにして
戸先も下部にキャスターを取り付けて可動システムを作成します。
内側3.jpg内側1.jpg

屋外なので木の収縮や余裕を持った寸法設定で完成したのがこちら。
ゲート.jpg
家の中から子供さんたちが遊ぶ姿が確認出来て、安心して過ごせるようになりました。

子供たちの遊びに夢中な姿は、心和む日常の景色なんだと気づかされます。
遊び風景.jpg
安心し落ち着いて子供と過ごせることは何よりも大前提であり、
子供たちにも当たり前の日常であってほしいものです。

改めてそのことに気付くことが出来ました。
ありがとうございました。
posted by 内田屋 at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーデン