2014年10月26日

チヌとアサリのアクアパッツァ&パスタ

今日は昨日までの「アンティーク蚤の市」イベントも終わり、少しのんびりしようと
玉野市宇野港で行われている「UNOICHI」イベントへ出かけました。

さすがにイベントの規模が大きくて、昨日までのうちのイベントに比べると、
敷地もスタッフもスケールも桁違い。。。
出店舗数も多く、したがってお客さんも多いですね。
UNOICHIイベント.jpg
でも中身は負けてないっ、と勝手に思ってます。。。

うちのイベントにも出店してもらった「やさい屋ポッケ」さんが続けて出店されるので、
陣中見舞いを兼ねて応援しに行ってきました。
やさい屋ポッケ.jpg
メニュー.jpg

先日とまた違うメニュー構成で、魅力的かつ美味しい!
もともとセンスがいいのですね。
注文したのはタイ風汁なし和え麺とジンジャーエールです。
これがどちらも抜群に美味しかったので、次回イベントはこれお願いしよっと。
タイ風汁なし和え麺.jpg

帰りに深山公園で旧車イベントしてたので、夢中で見学!
知り合いが多数いました。
旧車イベント.jpg

そして、園内にある魚屋さんで食材を買って帰りました。

脱線が多かったですが、、、
久しぶりに家でのゆっくりとした食事が楽しめるので、今日はアクアパッツァにすることになりました。
深山公園に売っていたチヌとアサリを買ってきたので、家にある食材で作ってみます。

今回はチヌ1匹にアサリ1Kg程、プチトマト6~7ケ、マッシュルーム3ケ、玉ねぎ半分、ピーマン1ケ、
ニンニク2ケ、オリーブ5~6ケ、ネギ、塩・胡椒、料理酒、こぶ茶、バター、オリーブオイル、醤油少々、バジル3枚、かぼす
食材.jpg

オリーブオイルでニンニクみじん切りを炒めて、鱗と内臓を取ったチヌの身に刃を入れて塩胡椒して、強火で表面をしっかり焼きます。
両面焦げ目が付くくらいになったら、半分に切ったプチトマト、オニオンスライス、マッシュルームスライス、ピーマンスライス、オリーブをつぶして投入、料理酒を少し入れて蓋をしたら中火で蒸します。
少し経ってから砂抜きしたアサリをまた投入し、追加で料理酒と醤油少々、バター1かけ、こぶ茶を振掛け、バジルを置いてまた蓋をして蒸します。
蒸し焼き.jpg
アサリの口が空いたら盛り付けて、かぼすを絞って刻みネギを散らして完成!

普段はスーパーで白身のスズキか鯛の切り身を使ってます。
今日は白ワインが無かったので料理酒にしましたが、アサリの酒蒸しとノリは同じです!
ケッパーが無かったので、オリーブを使いました。(緑と黒があるといいかも)
レモンの代わりにかぼすを使ってます。(味がしまります)
彩りにピーマン使ってますが、パプリカの赤や黄を使うときれいかも。
かぼすや醤油の風味やバターやバジルにネギは好みでどうぞ。
我が家はいつもこぶ茶を使いますが、味がしっかりします。
アクアパッツァ.jpg
チヌが30cm程あったので、フライパンからはみ出てましたが、
強引に蓋の中に「えい」と押し込んで、INしてしまいました。
子供に魚の姿を見せてやりたかったので、切らずにそのまま使いました。
4人分の量なので、盛り付けが大盛りになって魚が見えないですね。

味は抜群に美味しかったです。。。。

その後、食べ終わると同時にスパゲッティーをボイルして、オリーブオイルとニンニクで炒めたら、
アクアパッツァの残り汁を絡めて、完成。
これも少しこぶ茶を入れるとまとまります。
パスタ.jpg
アクアパッツァの具を少し残しておけば良かったっす。このパスタ見た目が質素ですね。
posted by 内田屋 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ごはん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104937765

この記事へのトラックバック