2014年12月13日

UP号(V230)車検

先月の内田屋号(VWトゥーラン)の車検に続いて、UP号(V230)も今月車検で、
同じ年に、しかも年末が近づき続けて2台も、、、ということになるのですが、
車検はどの車も来るもので、仕方ないです。

トゥーランはまだ新車から2度目の車検で、さすがに最近の車はほとんど
何もすることなく検査を通りましたが、V230は既に製造から15年目を
迎えるという年齢。しかも今年何度か入院していたので、安心半分、不安半分でした。

いつもはリアのシートを全部取り外しているのですが、
車検なので、使わなくてもシートを全て装着しておく必要があり、
2年ぶりに全シート装着!
V230シート装着.jpg
あぁ、乗用車っぽい感じ。
シートの脱着は簡単なのですが、1脚づつが、重たい重たい。
一度手持ちのデジタルメーターで量ってみると、33.3kg/1脚。
リア4脚で99.9kgと相当な重さなので、普段使わないなら無駄なものを運んでいるということ。
すかさずまた撤去して倉庫へ。

秋にラジエターの滲みを修復したので、安心してLLCを確認してみると、
あれ?また減ってる。一先ず1Lのペットボトルで水を足してみると、
約8分目くらいまで入りました。
ということは、800cc程減っていた・・・ということですね。

リザーバータンク下を触ってみると、少し手が湿るくらい。
やっぱどっかからまだ滲んで漏れているということか。

でも、これくらいなら仕方ないと割り切って、これから冬だし、
水を足すよりLLCを規定濃度で作っておいて、たまに継ぎ足ししていけば、
当面大丈夫!と前向きに(ん?)対処できるとして、
2LペットボトルにLLC作ってもらいました。

その他点検してみると、前回車検時にはブレーキパッドは新品のような状態だったはずが、
今や残り僅か、特にフロントはあと1.5mm程の残量でビックリしました。
社外品のOEMで交換。
ブレーキパッド.jpg
調べてもらうとV230の同じ型式でも、個体によってキャリパーが
ITT(Ate)製と、BOSCH製の2種類の設定があることが判明。
UP号はBOSCH製と判明したのですが、適応パッドの箱をみると『Ate』の文字が。
OEMで、BOSCHのものも作っているってことでしょうか。
V230バックビュー.jpg
いつもブレーキパッドのダストでホイールが真黒になるので、
今度は低ダストのパッドを早めに探して準備しておこうと思います。


posted by 内田屋 at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Car
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/106369698

この記事へのトラックバック