2014年12月23日

餅つき

今日は毎年恒例の年末に行うお餅つきの日でした。
お寺の境内で朝から皆さん準備をされて、ご苦労様でした。
お餅つき.jpg
子供たちも大はしゃぎ!
子供用の杵もあるんですねぇ。
出来立てを食べるのもまた楽しみで、
いろんな味をトッピングで用意しています。
昔からの定番と言えば、餡子と黄粉! これが嫌いな子供は居ないのでは!?

そしてここ何年かはまっているのが、
大量のキムチの中にお餅をちぎって放り込み、キムチと一緒に食べたり、
引き割り納豆もお餅にまぶしたり。
そして一番のお気に入りは大根おろしにポン酢をかけ、
その中にお餅を放り込んで食べるのが一番のお気に入り。
なんか大人の味がします。
トッピング色々.jpg
それにプラスして豚汁の組み合わせは、この時期たまらないです。


お餅を搗くって、今の時代はなかなかしたくても出来ないですね。
世の中便利になって、餅つき機もあるし、いつでもスーパーには売ってるし。

子供の頃、朝早くからもち米を蒸して、石の臼と杵で「ぺったん、ぺったん」
この風情はいつまでも続いてほしいと思います。
準備や手間が掛かっても、みんなでこの年末だけ臼でお餅を搗く。
とても素晴らしいことだとつくづく感じたお餅つきでした。
posted by 内田屋 at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ごはん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/107986705

この記事へのトラックバック